アレンジ解説|MY STORY(物部有栖イメージソング)

んーまっ...シカクドットです。

 

こーしーさん作曲、のーむーさん作詞の物部有栖イメージソング「MY STORY」の編曲を担当しましたのでそちらの解説記事です。

 

 

 

目次

編曲経緯

編曲内容・曲調

 

 

編曲経緯

誘われるまで

こーしーさんからアオハルに関する話を聞いた際に、にじさんじとそれを応援するクリエイターの距離感、互いを応援する雰囲気がすごく素敵なものに思えて「今後機会があれば是非!」的なことを確か言ったら、今回編曲に誘っていただけました。

 

 

編曲手順

メロとピアノ伴奏のmidiをもらう

リハモ、メロ微調整

再調整ボーカルをもらう

編曲

 

の順で作りました。

指示はかわいく優雅にといった方向性をいただいた程度で、アレンジを一任してもらえましたし、自分が時間を取られがちな作詞も無いしで、やる気に満ち溢れながらハイペースでアレンジをすることができました。

 

 

 

編曲内容・曲調

リハモ

始めにいただいたコードとmidiはもっと、クラシカルでジャジー夜想曲のような雰囲気がありました。

こーしーさんの即興的に鍵盤を弾くスタイルが影響してるかと思います。

 

平行移動、内声移動を使いながら緩やかに和音が変化していくような印象です。

 

今回はスリリングな和音や半音の移動を減らすようにリハモしましたが、強調しても面白かったかもしれません。

 

 

アレンジ

「ここにはこれが合いそう!」を各セクションでどんどん繋いでいきました。

自称カワイイフューチャーシブヤンベーケストラポップです。

 

イントロ

不思議の国のアリスを象徴するアイテムの一つである時計の音に加えて、雰囲気ぴったりのオルゴール、浮遊感のあるエレピからスタート。

すぐにほかの楽器とハモリが増えます。

 

 

「ここにはこれが合いそう!」が早速発動してkawaii future bassを意識したイントロへ。急にシンセが入るよ!

ここのドラムは、Future bass用のサンプルではなく、Aメロ以降のブレイクビーツと同じです。

 

最初「じゃい!」って裏拍に入れようとしたんですが合わなくて没になりました。

 

 

サビ

ドラムが消えてオーケストラ風に、サビ入りですが逆に一旦落とすようなアレンジになっています。

 

かわいく優雅であることの優雅さが強い部分。

 

サビで落とすアレンジをやってみたのはかなり久しぶりな記憶なんですが、結構気に入っています。

 

サビ入りのメロがクロマチックなのが好きで、リハモとメロ調整の際にここは特に変わらないようにしました。

 

 

 

以上です。ではでは。