DTMの話|初心者向けバッキングギターの打ち込み方(その3:アルペジオ)

シカクドットです。

 

この記事の続きです。

 

 

shikaku-dot.hatenablog.jp

 

 

 

相変わらず自分用メモのような細い内容ですがやっていきます。

 

 

アルペジオはコードの構成音をまとめて弾かずに、ばらして弾く演奏法です。

ポロロンポロロンってやつですね。

 

 

 

打ち込み手順

元となるコード進行を準備

f:id:Shikaku_dot:20180127194530p:plain

そもそもなんのコードを弾くかを一番最初に決めてないといけません。

G→Em→A→Dの進行を用意しました。

前回と同じやつです。

 

 

 

ギターコードの実音に変換する

f:id:Shikaku_dot:20180127200803p:plain

こう、我ながらいくつか話をすっ飛ばしたかのような気になりますよねここ。

 

そもそもどうやって変換するんだっていう。

 

どうやるかというと一つ一つ調べて打ち込むか、DAWの機能や音源の機能やネットの海や現実の楽譜や書籍や他人が配布したmidiなどから便利なものを見つけてくることになります。

 

 

 

音をばらす

f:id:Shikaku_dot:20180205185449p:plain

先ほどの構成音のどれかを、1音ずつ、好きなリズムで鳴らすようにノートを配置していきます。

 

まずは全部8分音符で打ち込みました。

最初の2拍で下から上がって、後半の2拍で下がる形で統一しています。

 

 

 

たまに同じパターンで音を配置しようとしても、コードによって和音数が違うのでうまくいかないときがあります。

 

本物のギターでも同じ問題が起きるので感覚で何とかしてください

 

 

上の例だと、最後のDコードで同じ音(F#3)を2連続で弾くことになってしまっていますが、無視するか、ここだけ音の配置パターンを変える必要がでてます。

 

 

 

音を伸ばす

f:id:Shikaku_dot:20180205190429p:plain

コードが切り替わる部分まで音を伸ばします。

 

1回はじいた弦はしばらく鳴っているためです。

弦を押さえるのをやめるか、鳴っている弦に触れてしまったときに音は止まります。

 

上のようにmidiノートを直接伸ばす方法のほか、コントロールチェンジを使って伸ばす方法があります。

 

これで完成です。お疲れ様でした。

 

 

 

バリエーション例

f:id:Shikaku_dot:20180205191330p:plain

シンコペーションしてみたり

 

 

 

f:id:Shikaku_dot:20180205191733p:plain

何回も高いところ弾いてみたり

 

 

 

f:id:Shikaku_dot:20180205192142p:plain

16分シンコペーションしてみたり