DTMの話|初心者向けバッキングギターの打ち込み方(その1:奏法について)

シカクドットです。

 

DTMを始めたてなんかでギターの打ち込み方がわからないことがあるかと思います。

 

ギターをよりリアルに打ち込んだり、フレーズをつけるよりも手前、

コードだけ弾くようなバッキングギターの入れ方をまとめようと思います。

 

まずは各奏法の説明です。ギターそのものの仕組みは他の方が詳しいと思うのでググって。

 

 

 

ストローク

f:id:Shikaku_dot:20180117215421p:plain

ジャーンジャカジャカってやつがこれです。

左手で弦を押さえて、右手でギターをかき鳴らします。

コードによって弦の押さえ方がある程度決まっているので、鳴る音もある程度コードごとに決まっています。

 

 

 

アルペジオ

f:id:Shikaku_dot:20180117215815p:plain

ポロロンポロロンってやつがこれです。

左手で弦を押さえて、右手で弦を順番に弾いていきます。

 

 

 

ブリッジミュート

f:id:Shikaku_dot:20180117220254p:plain

ズンズンズンズンってやつがこれです。

 

総合音源ではMute Gt.やそれに準じた名前で音が用意されていたりします。奏法が違うだけで別楽器というわけではありません。

f:id:Shikaku_dot:20180117221231p:plain

 

有料のギター音源では、キースイッチやベロシティで奏法がブリッジミュートに切り替わったりします。

 

右手側面で弦に軽く触れて、響きを押さえた弦を弾きます。

音が重いのと弾き方の都合から和音数はそれほど重ねません。

 

 

 

カッティング

f:id:Shikaku_dot:20180117221150p:plain

チャカチャカチャカチャカってやつがこれです。ファンキーな曲やディスコチックな曲のギターでよく出てくる歯切れのいい音です。

 

打ち込みでは非常に短い音を打ち込むことで再現するのが常套手段です。

有料音源ではキースイッチが大抵用意されています。

 

左手で軽く弦を押さえてあまり響かなくなった弦を弾きます。

カッティングを多用するのは、比較的テクニカルな演奏が多いので、今回は触れません。

 

 

 

それぞれの打ち込みについてはまた分けて書きます。ではでは。

まあリアルなギターを入れたいなら弾くのが一番いいんですけどね!