自作曲解説|P-K-P-K アドベンチャー

 

f:id:Shikaku_dot:20170722045516p:plain

おはようございますシカクドットです。

 

ビーカーP企画の、アイドルマスターシンデレラガールズイメージソングツアーvol.2

にて作りましたオリジナル曲、P-K-P-K アドベンチャーの解説です。

 

目次

曲調

 方針とイメージ

 歌詞

アレンジ

 音源

 間奏

 

 

曲調

方針とイメージ

[ピコピコ☆ゲーマー]三好紗南+からイメージを広げて作りました。

ドット絵が[冒険者]三好紗南+なのは、[ピコピコ☆ゲーマー]のドット絵は公式で既にあるからです。

 

 

 

デレステ側の[ピコピコ☆ゲーマー]のセリフから、このイラストを、

 

大型ゲームショウのイベントブースで三好紗南主人公のゲーム発表

そのままステージライブ

 

のワンシーンと解釈して、そこで流れている曲というイメージです。

 

 

 

モバマス側にて、[ピコピコ☆ゲーマー]以前のカード、バレンタインパーティー]三好紗南+にて

 

 

ソロ曲歌えるようになったら…あたしはチップチューンでお願いねっ!

(セリフ確認元:[バレンタインパーティー]三好紗南 - アイドルマスターシンデレラガールズwiki

 

 

というセリフがあり、次の[ドリームプレイヤー]三好紗南+はマイクを持たないイラスト、

そしてこの次が[ピコピコ☆ゲーマー]ということなので…

 

このライブで発表した曲こそが、彼女の初ソロシングルです。きっと。

 

 

きっとアイドルとして、ソロ曲がをもらったうえで、

 

 
 B面か両A面として、この曲が、[ピコピコ☆ゲーマー]で発表されたゲームのタイアップか主題歌という形で入っているのだと妄想してます。

 

 

 

歌詞

ゲーム的な単語をちりばめたり、アイドルとしての前向きさ、好意を入れながら、

[ピコピコ☆ゲーマー]で発表されたゲームのPVとして流れても違和感がないような

主人公感を入れました。

 

 

 

2番サビの

 

(Vi-Vi-Vi) vidつながる 私たち

 

は、この世界の作詞家さんが、お向かいさんへの遊び心をいれたんでしょうきっと。

 

 

 

アレンジ

音源

 「チップチューンでお願い」と頼まれて悪いのですが、

本格的なチップチューンは目指さなかったので、

和音数などの縛りは行わず、ピコピコをちりばめる形で、組み立てました。

 

 

彼女のソロデビューCDの3曲目とかに、〇〇(chiptune.remix)が入っているのだと妄想しておきましょう。

4,5曲目はカラオケです。

 

 

使用した音源も、本格的なチップチューンを目指していないという理由から、

ファミコン音源SID音源シンセから出した素の矩形波なんかをとくに縛りなく使いました。

 

 

 

間奏

 オマージュです。

FC音源のみ→オーケストラの流れはゲームの進化をイメージしました。

 

 

昔読んだ本で覚えていたので、

某序曲にも使われているホルンの5度を使用しています。詳しくはググろう。

 

 

某プレリュードっぽい部分はadd9を上下させるとできます。

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 / ももいろクローバーZの終わり方も同様の理由で某プレリュードっぽさを感じます。

 

 

最初はメロディがもっと某ピンクの球体SDXのスタッフロールっぽかったのですが、

雰囲気じゃなくてメロディが近いのはまずいのではと修正したことを悔やんでます

 

 

 

以上です。ではでは。