曲解説|Snow Wingsアレンジ

はじめましてシカクドットです。

れごさん主催のcinderell A rrange第二弾で上げましたSnow Wings(■.remix)の打ちこみの解説です。

 

 

目次

・イントロギター

・スラップベース

・ブラス

・シーケンスフレーズ

・ピアノ

 

 

イントロギター

f:id:Shikaku_dot:20160809000230p:plain

アコースティックギターによる打ち込みです。

原曲は音域を幅広く使っていて音源では音が届かないので途中1オクターブ下げています。

メロディをなぞりながら要所要所で和音とストローク感を追加。

実音が実際に弾ける和音構成かは検討していません、ストローク感と和音のピッチ幅と、音を伸ばすことでらしさを出しています。

 

 

 

スラップベース

f:id:Shikaku_dot:20160809001023p:plain

Bメロ後半からサビ頭で出てきます。

音源はTrilianで高ベロシティでスラップになります。

ンベンベの概形を組んでから、ゴーストを隙間に足したり、デュレーションを良い感じになるまで短く調整しました。

1小節がっつり組んでからコピーして使います。

 

 

 

ブラス

f:id:Shikaku_dot:20160809002001p:plain

メイン、オク下、ハモリの3本です。

ハモリは5度を中心にコードや雰囲気に合わせて調整します。

クローズな3和音4和音だとジャジーなブラスな印象があり、5度メインだと明るく力強い感じになるかと思っています。

 

 

 

シーケンスフレーズ

f:id:Shikaku_dot:20160809002520p:plain

サビの盛り上がりを高めるために入れています。

サンバホイッスルのlong, shortのイメージで「ピーピーポポー…」というリズムで打ち込みました。

2トラックに分けてLRに振ってます。

 

 

 

ピアノ

f:id:Shikaku_dot:20160809003125p:plain

画像はサビ出だし。

今回は最初から打ち込みピアノ感でいいと思っていたので、ベロシティ付けはほとんどせず、デュレーションは次まで伸ばしっぱなしです。

ギターのコード刻む感じとアルペジオの感じで。

弾けるかもあえて無視しており、上画像の7小節4拍目なんかはどう考えても手がとどかないです。

グリッサンドと、落ちサビ部はさすがにベロシティ調整を行っています。

 

 

以上です。ではでは。